現代のリスクであるネット風評被害に関して

インターネットはかつて、専門家向けのツールでした。市民に向けて徐々に普及し始めたネットのサービスですが、今では既に国民の半数以上が使っています。大半のネット利用者はメディア・リテラシーを理解した上で、掲示板やSNSを活用していますが、一部に良識に欠ける人々が居るのも事実です。情報のソースを全く確かめずに拡散してしまうSNSユーザーがいらっしゃいます。SNSやBlog、匿名掲示板に投稿されたデマや誹謗中傷をゼロにするのは大変な作業です。素人だけでは、そういったトラブルに対応する事は出来ません。もし自分自身に関連するネット風評被害を発見したら、必ず専門機関や弁護士事務所に相談しましょう。風評被害を生むのは、何も文章とは限りません。ツールが発達した現代では、盗撮なども横行しているため、盗み撮りされた画像や動画を元に、風評被害を拡散しようとする人々もいるのです。

ネット風評被害に関する相談は弁護士や専門家に。

インターネットを利用する人口は、どんどん増えてきました。オンラインゲームや掲示板、SNSに参加する女性、若者も大勢いらっしゃいます。大半の利用者はルールを守ってサービスを利用していますが、中にはマナーやモラルを破る人々も、残念ながら一定数存在するのです。さらに厄介なのがネットを介した逆恨みでしょう。BlogやSNSのアカウントに対して、ストーカーやクレーマーまがいの行為を行うユーザーが居るのも実情です。彼らに直接メッセージを送ると返って事態が悪化します。クレーマー行為を繰り返すネットユーザーは、ブロガーの悪口や誹謗中傷を、掲示板やBlogに投稿する事がありますので、そういったネット風評被害には、毅然とした対応を取らなければいけません。素人一人では悪質なネットユーザーの相手は出来ないでしょう。もし被害を感じているなら、身近な弁護士や専門家に質問すべきです。

表現の自由とネット風評被害の問題。

日本は言論の自由が保証された国です。市民は自分の気持ちをごく普通に発表、公開出来ます。もちろんネット上の掲示板やBlogに、個人的な思いを投稿するのも自由です。ただし、ごく一部に表現の自由を逆手に取って、他人を誹謗中傷する意見を書き込む方々がいらっしゃいます。プロへの批判、クレームは市民が持つ正当な権利です。しかし何事も行き過ぎれば、単なるバッシングになります。事実に関するクレームや批判であれば、それは大事な一意見ですが、事実無根なバッシングはいけません。ネット風評被害を受けた場合は、スピーディーに相談すべきです。身近な友人、家族に悩みを相談するのも大事ですが、誹謗中傷を受けた場所がネット上では、なかなか素人だけでは手出し出来ません。もし被害が深刻な場合は、警察や弁護士など専門的な場所に悩みを持ち込んだ方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*