匿名性の問題とネット風評被害について

インターネットは他のメディアに比べて、匿名性が高いです。それこそがインターネットの強みなのですが、時々悪用される事があります。例えば匿名性を逆手にとって、特定人物の悪口を投稿するユーザーが居るのです。もちろん、正当な意見や批判を投稿するのは表現の自由によって保証されています。しかし、事実に基づかない批判は単なる誹謗中傷です。インターネット上に広まった情報は半永久的に残るため、誹謗中傷された人物にとっては、死活問題になります。自分の悪口が残ったままでは、安心してライフスタイルが過ごせません。小さな掲示板やBlogに投稿された誹謗中傷のメッセージであれば、管理人や運営サイトに連絡する事で、対応してもらえます。しかし、大型の匿名掲示板に投稿されたメッセージや画像などは、拡散、コピーされるスピードが大変早いため、悪質なネット風評被害については専門会社や警察に相談した方がベストです。

悪質なネット風評被害、その対策と傾向に関して。

ツールには必ず良い面と悪い面があります。インターネットもまた、その典型的な事例です。良い人々が使えば最高の情報収集ツールになります。反対に悪い心を持ったユーザーが使うと、それはバッシングの手段に用いられるでしょう。近年では実際にネット風評被害が深刻化し始めています。個人、組織問わずして不当なバッシング行為が広がっているのです。もし自分や家族がその被害に遭っているならば、早期の相談と解決が求められます。人物が特定出来る被害であれば、直接バッシング行為の取りやめを要求出来るでしょう。ただし匿名性が高いネット掲示板やSNSでは、攻撃を行うユーザーが特定出来ない方が普通です。また不特定多数のネットユーザーが徒党を組み、一人の人間を誹謗中傷するパターンも珍しくありません。そういった悪質な風評被害に関しては、必ずITに詳しい弁護士や警察に相談しましょう。

今日の課題、ネット風評被害に関するお話。

インターネットは大変重宝するツールですが、その裏側には複数のリスクが隠されています。コンピュータウイルスやスパイウェア等もリスクの一つです。そして近年、問題視されているのがネット風評被害になります。風評被害と言えば有名人や大企業だけが受けるもの、といった認識がありますが、それは過去のお話です。アクセス数の多いBlog、フォロワーが多いSNSユーザー等も、しばしば標的にされます。妬みの感情が強いネットユーザーは常に標的を探しているんです。自分自身が不当な風評被害を受けた場合は、いたずらに膝を折らずに、毅然とした対応を取りましょう。些細なバッシングであればスルーするのが効果的ですが、悪意を持つユーザーによっては、返って調子づくパターンがあります。事態の深刻化を感じ次第、問題解決力を持った法律事務所や組織に問い合わせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*