ネット風評被害対策特別室

ネット風評被害とは

21 10月

SNSの流行とネット風評被害の関係性

Posted in on 21.10.14 by Merlyn

最近、若者や女性の間で流行っているのがSNSです。SNSを利用すれば、様々な人々と知り合えます。自由にコミニケーションが取れるため、活発な意見交換が可能となりました。インターネットユーザーの大半が善良な市民ですが、残念ながら一部に悪意やネガティブな感情を持った人々がいらっしゃいます。彼らは日々のうっぷん晴らしのため、ネガティブな意見やデマをどんどん投稿するのです。そういったネット風評被害のリスクは年々高まってきています。自分の所属する会社や組織がそれに遭遇しては一大事です。SNSに投稿された情報は伝わるスピードが極端に早いため、デマがいつの間にか真実の報道にように言われます。悪意のある芽は早い段階で摘んでおくのが吉です。今では風評被害の沈静化に協力してくれる専門業者がありますので、被害を確認次第、問い合わせのメールを送っておきましょう。

ネット風評被害で困ってしまったら

今やインターネットがある環境にある方は自宅だけでなく携帯やスマートフォンとしていつも見られる状況にあるかと思います。そんな中でネット風評被害にあう方の数は毎日少なくはありません。そういったことにならないようにどのようにすれば良いのかについて紹介してみたいと思います。まず、どのような被害になるのかというと、企業であれば商品が売れないであるとか取引をしてもらえないなどといった被害があるかと思います。また、個人のかたの場合には、職場にいくことができなくなったり、職を失う方もでてくるほどなのです。こういったことにならないようにするためには、あまり書き込みなどを簡単にしないことをおすすめしたいと思います。それからもしこういった被害にあってしまったら警察に相談をしておくこと、それから書き込みを削除してもらうなどの対策をとっておくことをおすすめしたいと思います。

メディア・リテラシーとネット風評被害について

ネット上に掲載される情報は常に玉石混交です。個人個人が情報源の中から正しいものを、取捨選択しなければいけません。ところがネット利用者の中には、SNSやBlog、ネット掲示板に投稿されたメッセージが全て真実だ、と思い込む人々がいらっしゃいます。ひと昔前の時代に比べて、デマや誤情報が拡散しやすい環境になりました。企業側もより積極的なネット風評被害対策が不可欠です。正当なクレームであれば、ユーザーの意見として尊重する必要がありますが、全く事実と違ったデマには対応しなければいけません。特に話題のSNSでは、ユーザーが伝言ゲームのように情報をやり取りするため、デマが生まれやすいといった構造的問題があります。商品に対する根も葉もないバッシング、デマは放置していると、真実の情報と混同され兼ねません。もし、酷い風評被害を見つけたら、迅速に専門機関に通報、相談しましょう。

No Comments »